プロフィール

tbgrm42515

板谷宏美

中学の吹奏楽部でオーボエに出会い、高校卒業までの6年間はブラスバンドに明け暮れる生活を送る。
高校3年生で出場した全日本吹奏楽コンクールでは初出場で金賞を受賞。当時、部長、セクションリーダー、パートリーダーを兼任。
青春でしたね!

愛知県立芸術大学卒業、東京芸術大学大学院音楽研究科(修士課程)修了。在学中はバッハカンタータクラブに所属し、小林道夫氏の指導を受ける。東京文化会館新進音楽家デビューコンサート、小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト、別府アルゲリッチ音楽祭、北九州響ホールフェスティバルなどにも出演。また客演首席奏者として、エキストラ奏者として都内オーケストラの多くの公演に出演。オーボエを和久井仁、小畑善昭、松山敦子、小林裕の各氏に師事。
フランソワ・ルルー、G・シュマルフスなどのマスタークラスを受講。
室内楽を中川良平、菅原眸、村田四郎、四戸世紀の各氏に師事。
ソルフェージュを茂木眞理子氏に師事。
現在、湘南エールアンサンブルオーボエ奏者として、また、フリーオーボエ奏者としての演奏活動の他、上野学園大学助教、中学高等学校非常勤講師、ドルチェ東京ミュージックアカデミー東京・新宿講師として活動。

2016年からBody Chanceプロコースにてアレクサンダーテクニーク教師資格を取得中。ジェレミー・チャンス、キャシー・マデン、グレッグ・ホールダウェイ、サラ・バーカーなどの海外教師の他、国内で活躍されているバジル・クリッツァ―、嶋村順子、安納献、渡邊愛子など多くの教師から教えを受けている。2018年、Body Chance認定「BodyThinking コーチ」「Thinking Bodyコーチ」資格を取得。2019年にアセスメントに合格し、アレクサンダー教師の仮免許を取得。現在実習期間中。

日本ソルフェージュ研究協議会 会員。